受験生らが塾を選択するのは友人や先輩など周辺人の推薦が最も大きく作用するようだ。
これはある公務員受験をターゲットにしたメディアが、有名な塾(予備校)の学生にアンケートを取った結果からだ。
ひとまず‘本人の受験期間は’という項目に対しては6ヶ月未満が(63.1%),6ヶ月1年未満(24.8%),1年〜2年未満(10.6%),2年以上(1.5%)順であった。 質問に応じた受験生らの中で1年未満の受験生が全体の88%であった計算だ。 これは1年以上の長寿受験生らの場合、塾講義よりは主に独学やインターネットなどを利用するという点で解釈することができる。

まず''''本人の戦略科目は''''という項目では歴史が32.6%で最も高い数値を現わした。 その他には英語26.9%,行政法18.3%,行政学6.6%,国語15.1%,その他0.5%順で現れた。 歴史が受験生らの戦略科目であることが立証された中で,英語を戦略科目に選んだ受験生らが意外に多かった。
ある英語教授は“英語は簡単に実力が伸びない教育科目であるだけに,受験期間がいくらにもならない受験生らより長寿受験生らが難しいと考える傾向がある。”として“英語に対する負担感は受験生活が長くなってますます大きくなるようだ。”と言及した。

‘受験生活に必要な情報はどんな経路を通じて得るのか。’という質問項目ではインターネット(受験サイト,掲示板など) 45.9%,受験新聞26.1%,塾16.4%,同僚受験生11.6%の順の結果だった。 インターネットが普遍化しているだけに受験生らは予備校や主要ニュースなど各種受験情報をインターネットを通じて得ると調査された。 合わせて受験新聞などの媒体による受験情報も受験生らに重く作用することが明らかになった。

‘本人が受験勉強をする主な場所は’という質問では塾、自習室37.8%,家24.6%,読書室22.1%,図書館15%,その他0.5%順で現れた。 通学時間を考慮して,塾の教育自習室と家,または近くの図書室で勉強する受験生らが大多数を占めた。

‘受験生活中邪魔になる要素’という質問に対しては合格に対する負担感が53.3%,経済的問題22.4%,体力問題19.4%,異性問題4.4%,その他0.2%順で集計された。 合格に対する不安感といらだちが受験生活の最も大きい障害物とされたのだ。 合わせて塾および教材費など教育受験費用と関連した受験生らの負担も相当したことが分かった。
塾関係者は“合格に対する負担感は全国受験生ら大部分の共通した悩みで見られるのに、これは結局本人の意志の問題であると語った。”として“とても早い時期に合格するという考えよりはいつかは合格するという考えを持って受験生活をすることの方ががむしろ教育合格をはやめる事ができる。”と助言した。

一方,受験情報を得る主要媒体をインターネットに選んだ受験生らが実際に塾の選択時にはインターネットと共に知り合いなど周辺人の助言をたくさん受けると答えた。 ‘塾選択時、影響を与える媒体は?’という質問に対しては友人や先輩など周辺の推薦29%,公務員関連受験掲示板25.8%,公務員関連新聞内広告23.8%,インターネット検索サイトを通した教育情報検索11.3%,予備校周辺ビラやポスター等を通して5.1%,塾相談を通じて3.4%,その他1.5%の順で現れた。

塾関係者は“むやみに塾の教育看板と広告だけを見て決めていた受験生が、今は周辺人とインターネット,各種受験媒体など多様な方法を通じて塾を選択している。”として“これはそれだけ受験生らに選択の機会が多くなって受験生らの姿勢が積極的に変化しているということを見せる。”と分析した。
自分に合う塾を選択するのは合格と教育直結する部分だ。"として“特に初歩受験生らの場合、塾の授業運営方法や講師の授業方式に影響をたくさん受けるため、可能な限り多くの塾情報を収集し、慎重に教育選択してこそ試行錯誤を減らすことができる。”と助言した。

Favorite

廃車 滋賀
http://www.info-haisya110.com/mieshiga.html
クロケット&ジョーンズはこちら
http://item.rakuten.co.jp/aimsgallery/c/0000000153/

2016/4/25 更新